SystemEXE(Thailand) Co., Ltd.より、生産管理システムEXEXと連動するタブレット利用を前提とした新機能をリリース致しました。

【倉庫、工場製造現場でのご利用に特化した機能】
事務所のパソコンからご利用する画面とは別に、作業現場でのタブレット端末でのご利用を想定した機能です。

EXEXタブレットは倉庫と工場をサポートします

EXEXタブレットの活用シーン

【EXEXタブレットオプション機能概要】

特   徴 バーコード活用で入力が簡単
ITが得意ではない現場スタッフでも簡単に操作を覚えられるように、極力簡単な操作で登録ができるようにしました。タブレット端末にBluetoothまたはUSB接続のバーコードリーダーを接続させることで、入力はさらに簡単になります。
EXEX生産管理システムと完全連携しています
EXEXの標準機能にしたがって操作をすれば、特別なインポート・エクスポートをしなくても、現場でタブレットを開けばすぐに登録ができます。
また、現場で入力されたデータはリアルタイムで事務所のパソコンから確認ができます。
導入効果 倉庫での誤入庫、誤出庫の防止
入庫時の入庫場所間違い、出庫時の品目取り間違いが完全に防止できます。
工場での製造進捗・仕掛の完全な見える化
作業指示番号単位で、今どの工程に滞留しているのか場所まですぐに把握できます。
毎日専属スタッフが現場を駆けずり回って仕掛品を探す作業が完全に消滅します。
倉庫・工場でのロットトレーサビリティの実現
作業指示書番号、購買品ロット番号、仕掛品ロット番号、出荷Invoice番号が全て紐付けされたロットトレーサビリティが実現できます。

【パンフレットダウンロード】

EXEXタブレットオプションパンフレット(PDF)