この記事シリーズはタイで生産管理システム、販売管理システム、在庫管理システム、原価管理システムなどのいわゆる基幹業務システムを構築する際に留意すべきことを筆者の経験を踏まえてお話していきます。

エグゼクス生産管理の詳細はこちら

第23回:タイでの品質管理・品質検査記録のデジタル化

前回の記事では、作業日報と呼ばれる、紙に手書きで、品番別・工程ごとの生産実績(総生産数、不良数含む)を記録するやり方を、現場の作業担当者に直接入力するしくみを構築することは、生産管理、工場管理業務改善に効果があるというお話をしました。

しかし、品質管理・品質検査結果の記録は製造品により検査項目・フォーマットが異なり、場合によっては図面も必要なことから、デジタル化が遅れている分野でありました。

ところが、近年タブレット利用アプリの進化により、この問題が解決できてしまいます。

本日は、弊社がタイの某完成車向けメーカー様に導入した事例をお話します。

某完成車向けメーカー様の品質管理・品質検査ドキュメント

このお客様の品質管理・品質検査文書では、図面を用いていました。
車体のどこに凹凸があったり、塗装の不具合があるのかは図面上に位置を示さないと修繕担当者には正確に伝わらないためです。
また、修繕が必要な箇所は一度の検査で通常何か所か見つかるため、どこにどういう修繕が必要なのかを細かく記入されておりました。

品質管理・品質検査文書の最大の課題は、この図面情報と検査担当者の記録する文字情報をどう紐づけるかという点にありました。

システム化のもう1つの課題

図面情報との紐づけ以外のもう1つの課題は、不具合・不良内容を後に分析・改善に役立てるためにコード化し集計できるようにしたいというご要望を承りました。

弊社からの提案内容

・図面上で不良個所を指示しデジタル保存できること
・不良内容がデータとして集計できること

この2つをゼロから開発するのは非常に困難であることは容易に分かりました。
そこで、以前より展示会・セミナーでデモンストレーションを見て知っておりました、日本のシムトップス社が開発した
i-Reporter
というタブレット用帳票開発ツールを用いた提案をし、お客様に弊社からの提案を採用して頂くことになりました。

i-Reporterの特徴

ここで、非常に簡単ではありますが、i-Reporterの特徴をご説明します。

・タブレット(iPad)で利用することを前提にしています

・EXCELスプレッドシートイメージの画面が簡単に作れる
お客様から頂いたEXCELで作成されている現状の品質管理・品質検査文書を元に、このExcelを活用して画面レイアウトを設定できます。

・バーコード読み込み・音声入力機能があります
バーコード読み込み機能は当然かもしれませんが、音声入力機能もあります。
しかし、お客様のタイ人マネージャーによるとタイ語でも出身地域ごとにアクセントの違いがあり、音声入力ですと間違いが多発するだろうということで音声入力機能は使わないこととなりました。

・図面上に位置指定できます
PDFなどの図面ファイルを画面開発時に読みこませておき、i-Reporterのデータに変換されると、画面上の操作「ピン打ち」によって、図面上のどこに不具合があったかを指定できます。
ここで打たれた「ピン」にはユニーク番号が振られ、別エリアに表示できるスプレッドシートイメージのエリアにピンのユニーク番号と紐づけて不良内容を記入することができます。

・マスタからの選択機能もあります
ここで、システム化の課題であった「不良理由をコード化し後に集計する」ために、不良理由コードは手入力させるのではなく、事前に登録しておいた不良理由マスタから選択させることにしました。
こうすることで、存在しない不良コードを入力するなどの間違い防止を図りました。

・登録されたデータの検索・出力機能があります
i-Reporterはタブレットから入力する現場担当者がご利用になる部分と、いろいろなご担当者が入力されたデータを管理するサーバ側の機能に分かれています。
この管理者側の機能で、入力されたデータの画面検索、CSVやEXCELへの出力が可能です。

・クラウドサーバーでも利用できます
i-Reporterのエンジン部分はどこかのサーバに設定しないといけませんが、自社でご用意されるサーバでも、インターネット上のクラウドサーバでもどちらもでご利用可能です。

導入後の効果

i-Reporterを用いた品質管理・品質検査記録のデジタルプロジェクトでは、単純なEXCEL文書のタブレットへの移行作業だけではなく、細かい点での品質管理・品質検査記録の見直しが多々あったため何度も画面の補正作業が発生しましたが、それでもプロジェクト開始から本番稼働開始まで4か月で完了しました。

導入後、お客様からは導入前の課題が全てクリアになったとのご連絡を頂いております。

 

エグゼクス生産管理の詳細はこちら